品質表示にPC-4ラベルが便利

無地ラベル「ムジラ PC-4」は食品の品質表示ラベルに便利です。
「ムジラ」シリーズは、少量多品種のラベルを作成するために企画
されました。
「ラベルの作りすぎのムダをだしたくない!」、
「必要な分だけのラベルを作りたい」
というお客様の声から生まれたラベルです。

従来、プリンターで印刷をすると言えば、3つの方法がありました

(1)「A4サイズ」のラベルを使う方法
    台紙に、ラベルが複数枚、配置されているA4サイズのラベル
    を使う方法。
    自社にあるプリンターを使って印刷をします。

 <特長> A4用紙のシートに、複数枚のラベルが配置されている
      ため、シート単位で、ラベルを作成します。
      ラベルコストは安価ながらも、シート単位で印刷する
      こととなるため、ラベルのムダが出やすいことが難点
      です。
      プリンターは、自社にあるものを使用するため、機器
      費用は、不用です。
      発行ソフトは、別途用意することになります。 

(2)専用のラベルプリンターを使って、印刷する方法。
   ラベルプリンターは、安価な機種から高額の機種までいろ
   いろなタイプがありますが、いずれも、仕様が定められて
   いる用紙を使います。
   通常は、ロール状になっている「ラベルプリンター専用の
   用紙」を使います。

 <特長> 比較的プリンターは、高額なものが多く、用紙は
      指定の規格用紙を使います。     
      専用ソフトや専用のアプリケーションが提供されて
      いて、使いやすいのが大きな特徴です。
      大量にラベルを使用される場合に、おすすめです。

(3)ドットインパクトプリンターを使って印刷をする方法
   「複写用紙を印刷するためのプリンター」、ドット
   インパクトプリンターを使って印刷をします。
   ラベル用紙は、「折り畳み式の連続用紙(連帳)」と
   なっています。
   ラベル用紙の両端には、「スプロケット」と呼ばれる穴
   がついています。
   この「スプロケット」を使って、用紙を搬送するプリン
   ターです。

 <特長> インクリボンは、繰り返し使用できるため、
      印字に伴うインク代は、もっとも安価になります。
      また、「必要な枚数だけ印刷できる」ことも魅力
      です。
      発行ソフトは、別途用意することになります。 

「ムジラ PC-4」は、(1)A4用紙を使って印刷する方法」
では、ロスが多すぎる
おっしゃるお客様のために、企画されました。

ラベル用紙は、「はがきサイズ」(100mm×148mm)です。
ラベルサイズは、「40mm×60mm」となります。
ラベル台紙に、「4面」ラベルが配置されています。
(4面付け)です。
A4サイズのラベル用紙を使う場合に比べて、ラベルロスが
ほとんどありません。

ぜひ、お試しください。 

また、もう少し大きなラベルが欲しいという方には、
PC-2N「はがきサイズ 2面付け」ラベルがおすすめです。

ラベルサイズは、「68mm×65mm」となります。
ラベル台紙に、「2面」ラベルが配置されています。
(2面付け)です。

そのほか、ムジラ はがきサイズシリーズには、
さまざまな規格を取り揃えています。 こちらです。